2011年06月08日

ボンシュマン(学芸大学)

今回は学芸大学にあるフレンチのお店「ボンシュマン」でランチをしました。
このお店は自由が丘、学芸大学付近で食べログで点数の高いフレンチを探して見つけました。
外観はこんな感じで、そんなに敷居が高いわけではなく、カジュアルに、でもくだけ過ぎている訳でもない落ち着いた感じのお店でした。

CIMG1362.JPG

コースは、アミューズ・前菜・メインディッシュ・デザート・コーヒーまたは紅茶の「季節のコース」3000円にしました。

まずはシャンパンで乾杯!ちょっとアルコールが高めで、フルーティーな香りがするスッキリとした味わいで、暑い日にピッタリでした。

CIMG1363.JPG

アミューズは「キャベツのキッシュ」。キャベツの甘みがすごく出ていて、シャンパンにもすごく合います。

CIMG1364.JPG

そしてネット予約した人限定で「たまねぎの冷製スープ」が出てきました。こちらも玉ねぎの甘みが口の中いっぱいに広がって、すごくおいしい。

CIMG1365.JPG

前菜は「牛モツのサラダ」をチョイス。牛モツは「ガツ」でしたが、すごく柔らかくでナイフですーっと切れます。お肉はトロトロで口の中で溶けます。さらに野菜の上にもレバーが乗ってあり、ホルモン好きにはたまりません。見ての通り結構なボリュームで大満足です。

CIMG1366.JPG

ちなみにこちらは「お魚のマリネ そば粉のクレープのせ」です。本日のお魚はアジで、クレープの中にはラタトゥイユが入っています。

CIMG1369.JPG

前菜にはグラスワインの白を注文。樽香がしっかりときいていて、牛モツにもピッタリ合いました。

CIMG1367.JPG

そしてメインディッシュは「豚のミートパイ」をチョイス。パイの中に豚肉のミンチがギッシリとつまっており、肉汁が閉じ込められています。さらに真ん中にはフォアグラが入っており、フォアグラのおいしさがお肉に染み込んで美味しさを引き立てていました。

CIMG1370.JPG  CIMG1373.JPG

ちなみにこちらは「シャラン産鴨モモ肉のコンフィ」です。塩やエピスでマリネし、鴨の脂で軟らかく煮ているようで、皮がパリっと焼いているのですごく香ばしかったです。

CIMG1371.JPG

メインディッシュには「ジュブレシャンベルタン」のハーフを注文。最近安いワインしか飲んでいなかったので、久しぶりに美味しいワインをいただきました。ピノノワールのティピカルな香りが広がり、メインにピッタリの味わいでした。やっぱ、いいワインは最高だね。

CIMG1372.JPG

そしてデザート。ゴールデンパインのタルトとココナッツのアイスでした。ココナッツのアイスがたまらなく美味しかったですねぇ。

CIMG1374.JPG

結構ボリュームがあるのに3000円とは大満足のコースでした。
さらに奥には6人くらい入れる個室があり、小さいお子さんと一緒でも気軽に行ける感じで、ホントいいお店でした。是非次も行きたいですねぇ〜

【お店情報】
◆店名:ボンシュマン
◆業態:フレンチ ランチ
◆エリア:学芸大学
◆お店HP:http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13003431/

◆わんこオススメ度 ★★★★★


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ボンシュマン ( 祐天寺 / フランス料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

posted by 土佐犬わんこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 中目黒/自由が丘 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。